Event is FINISHED

Ledesone 2th Anniversary Online Meetup

Description
2020年3月26日でLedesoneは創業2周年を迎えます!そこで3月22日に少しずつ前進していってるLedesoneを応援して頂いてる方や一緒に取り組みを行って頂いてる方と共にLedesone創業2周年を祝うアニバーサリーイベントを開催!

今回はオンラインで開催するのでスマホかパソコンさえあれば全国どこからでもご参加いただけます!

コンテンツ

ショートプレゼン
「発達障害」の領域で様々な取り組みや事業を行う2人が登壇!


ハッタツソントーク
昨年開催した「ハッタツソン2019」で生まれ、現在も続いてる取り組みやプロジェクトを行っている2人が登壇

イベント概要
日程:2020年3月22日19:00~21:30
会場:Zoomを使ったオンライン開催
当日18:00にZoomのURLをピーテックスのメッセージ機能を用いてお送りします。
スマートフォンからの参加の場合は事前にアプリのダウンロードをお願いします。
https://zoom.us/

タイムテーブル
19:00〜:オープニング
19:10〜:ショートプレゼン(2人×20分)
20:00〜:ハッタツソントーク(2人×20分)
20:40〜:Ledesone 2周年トークセッション
21:00〜21:30:オンライン交流会

登壇者
ショートプレゼン

相良 壮馬
大阪大学医学部医学科1年 / inochi学生プロジェクト
1999年福岡生まれ。小学校低学年ごろまで体調を崩しやすく頻繁に病院に行っており、その時に医師に憧れを抱き、医師を志す。中学生ごろ、興味分野が多岐にわたり、社会問題などにも興味を持つ過程で、医療と社会問題両方の側面を持つ発達障害に興味を持つ。また、中学2年生ごろ軽度の吃音を発症し、より発達障害への関心を強めていった。阪大医学部進学後、「inochi学生プロジェクト」という学生団体に入る。その学生団体で、2019年度はプロジェクトリーダー(PL)のもとで心臓突然死の課題解決に挑む。2020年度は自らがPLとなって、発達障害の課題解決に取り組んでいる。現在メンバー募集中。http://www.inochi-gakusei.com/


山本 祐己
神戸大学経営学部4年 / 凸凹ギルド
1998年大阪育ち。家族に発達障害のある人がいたことがきっかけで障害分野での活動を始める。福祉業界の会社でのインターンを経て、2020年より発達障害のあるクリエイターを集めた集団、”凸凹ギルド”をつくり、主にデザイン業務の受託を行っている。副業として、引きこもり経験のある人を中心に設立された会社で、WEB制作事業に携わっている。


ハッタツソントーク

寺戸 慎也
1986年大阪府生まれ。関西大学卒業。学生時代は水泳のコーチ。新卒でシステムエンジニアとして5年間働いた後、パニック障害を発症する。自身が病気と戦っている頃、父がくも膜下出血で倒れる。「家族が急に変化してしまい辛い状況の人」を救いたいと介護業界へ入り、小規模デイサービスの管理者として奮闘する。再度システムエンジニアに戻るも、自身のキャリアに悩む。同じようにキャリアに悩む人を支援する仕事をしたいと就労支援の仕事につく。大阪府豊中市を中心に、就労支援をしつつ、地域活性化のために活動している。「ハッタツソン2019」では、「抽象的で分かりにくい指示」と「突然割り込む作業」を改善するアプリケーション「CONDUCTOR(コンダクター)」を生み出し、最優秀賞を受賞。現在はクラウドファンディングで260名ものパトロンから支援を受け、企画・開発を行っている。https://camp-fire.jp/projects/view/151557


岩崎 義弘
1973年大阪府生まれ。創造社デザイン専門学校卒業。卒業後は空間デザインの仕事に従事するが、あまりの忙しさに1年ほどで体調を崩し退職。その後友人に誘われるままパパノRというデザインチームを結成。2000年頃に個人でpapano-Rとして再スタートし、2010年に株式会社PPnRとして法人化。主にウェブデザイン・ディレクションを中心として活動中。2015年末に腎不全(IgA腎症)を告知され、1年間の保存期を経て2016年人工透析導入。現在は週3回オーバーナイト透析を行いながら仕事をこなす毎日。また同年には発達障害(ADHD)の診断もされ、子供の頃からの「なぜ自分は集団生活に馴染めないのか」といった問題がようやく理解できるようになり、発達障害への関心を深めていくきっかけになる。「ハッタツソン2019」では、日々の行動のログを取ることでパニック発作や鬱などの二次障害の兆候を掴むためのアプリ「DISCOVERY」を提案。現在は先のイベントで出会ったメンバーと共に「DISCOVERY」というチームを結成し、放課後デイサービスの送迎管理用ウェブアプリや、子どもたちの毎日の生活をチェックし、先生方が二次障害の兆候や対策を考えるウェブアプリを企画・開発中。https://www.discovery-p.com/


モデレーター

Ten
Ledesone 代表 / UD・IDプランナー
1998年1月大阪府生まれ。1歳半〜4歳を中国で育つ。小学校入学前にLDの診断が付き、小学校3年生の時の自殺未遂がきっかけで母親から発達障害がある事を告げられる。高校2年生の時に視覚障害者へのガイドヘルパーの資格取得がきっかけで障害分野に興味を持つようになる。その後放課後等デイサービスやガイドヘルパーや訪問ヘルパーなどを経験し、2018年3月に個人事業主としてLedesone(レデソン)を創業。

主催・企画
Ledesone(レデソン)
www.ledesone.com
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#532007 2020-03-08 19:05:18
More updates
Sun Mar 22, 2020
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
オンライン参加チケット FULL
Organizer
Ledesone(レデソン )
100 Followers